サイバーセキュリティ

システムを守る

脆弱性への対策における注意点

カギ

最近では、企業の様々な面においてシステム化が進んでおり、それらに対するサイバー攻撃も増えている。これらへの対策として重要となるのが、脆弱性対策である。 システムでは、通常不具合などを持っている場合があり、攻撃を仕掛けてくるものはその不具合を突いて行ってくる。つまり、システムの脆弱性を突いて攻撃してくるため、それらを無くす対策が重要になる。この脆弱性対策では、注意点がある。それは、対策は1度で終わらないということがある。 様々なシステムでは、日々新しい問題が発見され、攻撃を行うものはそれらを狙って攻撃を仕掛けてくる。 そのため、1つの脆弱性対策をしても、また新たな脆弱性が見つかる。そのため、継続的に行うことが重要になる。

脆弱性対策とそのポイント

脆弱性対策においては、その対策においていくつかのポイントがある。まずは、オペレーションシステムなどの基本システムには、最新の修正プログラムを適用することが重要になる。 基本ソフトでは、通常はそのソフトを提供している業者から、修正プログラムが配布されることが通常となっている。しかも、サポート期間内であれば無償で提供される。そのため、これらの修正プログラムが提供されたら、早めに適用することで脆弱性対策とすることができる。 また、リスクを回避することも重要になる。これらの脆弱性を突いての攻撃は、通常インターネットを介して行われる。その為、重要なシステムは外部のインターネットと切り離すなどの対策も有効となる。