サイバーセキュリティ

文書を守るために

文書に対する脅威と対策

パスワード

現代では商用をはじめとした重要業務で取り扱うデータ量が格段に増えています。これに伴い、適切な文書管理を行って様々な脅威から秘匿や個人情報を守る必要性も増えています。文書管理においては、主に保存における保全性・安全性・保守性といった面を中心にした管理が不可欠とされています。保全性とは文書内容の統一性を示しており、データの矛盾や改ざん・記録ミスが起きていないかを指します。安全性とは悪意ある第3者からの不正アクセスなど、データに対する脅威から守る機密性を指します。そして保全性は災害をはじめとした物理的故障への耐久・復旧能力を示します。こうした点を踏まえ、文書管理システムでは規則的な管理システムによる情報蓄積・検索能力の向上や、システム利用のための認証および保存場所などの重複化といった、多角的な能力を持たせる必要性が挙げられています。

今後の文書管理を左右する変容

これまで文書管理について、様々な強化や厳格化の必要性が挙げられていました。その理由として、会社法をはじめとした法律の改案や内部統制への要求などが挙げられます。そして今後の文書管理においては、従来には無かった意味合いでの対処が必要だとされています。その理由の主な面として、文書の電子化と個人情報管理システムの変化が挙げられます。文書の電子化によって、従来では紙を使っていた文書管理にもITを活用した管理システムを確立する必要が出てきています。こうした電子化による文書管理では、管理体制に一定の基準を満たす必要性があるため、体制づくりが急務とされます。また個人情報管理において、今後は個人番号を使った管理システム導入が予定されています。そのため、よりセキュリティ面を強化する必要があり、やはりシステム確立および導入が不可欠とされます。